なぜインドネシアのバリ島なのか? 

インドネシアの経済成長が資本の豊かさを形成し バリ島が育む心の豊かさ
 
 

人口ボーナス期の黄金期に入り2030年まで継続

インドネシアは現在人口ボーナス期に突入し、それは2030年まで続くとされています。人口ボーナス期とは労働力増加率が人口増加率よりも高くなり、人口に対する労働力が豊富な状態となることで、経済成長が促進される時期を指します。日本では1960年代に人口ボーナス期に突入し、高度経済成長を遂げた。そして中国も人口ボーナス期に突入し一気に経済成長を遂げて、現在ではGDP世界第2位まで成長した。インドネシアのUSドルベースでのGDPの成長率が日本が高度経済成長を遂げた1965年~1978年の成長推移と同様の伸び率を示しており、インドネシアが高度経済成長に突入していることを表している。
 

今後 世界第4位の経済大国に成長か

インドネシアの強みは内需の拡大が大きい。海外投資がまだ盛んでないため、内需で景気を支えてきた国民のパワーがある。中国では海外投資を一気に集めたため、現在内需拡大にかなり苦労しています。しかし元々内需が強いインドネシアは今後、海外投資を推し進めているため成果がより明確に出始めたら、一気に先進国へと躍り出る。事実IMFの推定値で2030年には5位。2050年には日本を抜きさり世界第4位のGDPにまで成長が予測されるほど今注目すべき国なのである。
 
 
 
 

バリ島はインドネシアの中でも唯一のヒンドゥー教の島

インドネシアはほとんどがイスラム教徒です。そんなインドネシアの中で唯一のヒンドゥー教の島がバリ島です。街の中に点在するお寺が独特の雰囲気を演出してくれます。そしてヒンドゥー教はお供えが多いことも特徴で、人々は神様に感謝を込めて毎日祈りを捧げます。そんな人柄が多いせいか、街の人はみんな気さくな方が多く笑顔が溢れています。そんな活気と優しさに溢れるバリ島はどこか古き良き日本に似ています。日本人でバリ島を好きになる人が多い理由はそんな雰囲気に懐かしさを感じているのかもしれません。

心身を清めるパワースポットの宝庫

バリ島で心の豊かさの恩恵を受けることができるのは、心と身体を清めるスポットが数多く存在しているからです。沐浴やヒーリング(祈祷)なども清めのスポットして大人気です。多くの海外セレブがヒーリングを受けに来たり、バリ島の大自然の中でヨガを楽しんだり、この独特な雰囲気と神秘的な環境が心と身体を清めるのに最適な場所となっています。さらにバリ島は大自然に囲まれて、その大自然を感じられるアクティビティもたくさんあります。雄大な大自然の中で過ごす贅沢な癒しの時間を感じてみてください。
 
リゾートクラブ会員特典 

 
 バリ島 プライベートツアー
 
 現地ビジネスセミナー